記事一覧

極楽寺ヒルクライムで思う、機材のせいか?練習の成果か?

10月29日土曜日


夕方から仕事の会合がある。しかも日曜日はほぼ確実に雨。

8時30分に出発。13時には帰宅するとなると走れて80kmぐらいか?


やや強度を上げるために極楽寺に登ることにする。

極楽寺は今回で4-5度目だと思うが、いつも途中で、来たことを後悔するぐらいきつい。


西広島バイパスを横断してからは信号はなく、3-5%程度の坂をゆっくり登る。

山陽自動車道の下をくぐったあたりから5-10%程度と勾配がきつくなる。

心拍も160ぐらいまで上がる。マイペースでゆっくり行く。


ループのところでは勾配がややゆるくなって、少し足を休めることができる。

心拍も140程度まで落ち着く。


ここから先が第一の難関。老人ホームの手前から8-12%の勾配がしばらく続く。

初めての時は車が来ないのを良いことに蛇行したが、今日は道路の左端をかたくなにキープしとにかくまっすぐ登る。下ってきたランナーとあいさつ。

七曲がりに入るとしばらく5%程度となり、のんびり廿日市の町と宮島を見る余裕ができる。


T路を右に曲がりアルカディアビリッジ方向へ。

ここから第二の難所が始まる。

アルカディアビリッジと極楽寺山頂に分かれる三叉路を右折し、最後の激坂(瞬間17%)までが相変わらずきついが、きっちりキープレフトで登りきった。

頂上手前で下ってきた若いロード乗りとすれ違う。


TTしたわけではないが、結果的に以前より時間は短縮していた。


前回6月と比べて、体重減1.5㎏と機材の減量が700gが効いているのか?

ロー27Tが効いているのか?脚力もほんのわずかにupしているのか?


遅いなりにも成長するのはやはりうれしいことである。


汗が引いて下りは寒いのでウインドブレーカーを着て下る。

アルカディアビリッジ前は通らず、433号を通り魚切ダム上へ。


湯来へは向かわず、峠のパン屋さん前を通り、桜ヶ峠を経由して、畑峠へ。


畑峠を下っていると、男性ローディーがクロスバイクの女の子を叱咤激励しながら登っていた。

いくらなんでも無理なような・・・


更に下ると、青いジャージのロード乗り。

BORA店主でした。(すぐ後に雨が降り始めたようで残念でしたね)


竜王峠を越えて帰還


充実の61km


http://yahoo.jp/09ylZh



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?