記事一覧

パワーウエイトレシオ

遠い昔、学生時代に土曜の深夜になると廿日市の木材港でゼロヨンと呼ばれる非合法ドッラグレースが開催されていました

愛車のシビックSiで参加したりしていましたが、加速勝負は運転手の腕も少しはありますが、基本的には最高出力と車重の割合できまります

例えば1500kgの車体で最高出力が200馬力だとするとパワーウエイトレシオは7.5kg/psとなります

当時はターボチャージャーを大型に乗せ換えた日産のシルビアRSターボとかが速かったですねえ

貧乏学生の自分はガソリン残量わざとぎりぎりで参加したり、スペアタイヤまで下ろしていってましたっけ・・・(フィクションですけど)

で、自転車にもあるんですよねこれ、パワーウエイトレシオ

登坂能力を表す指標として用いられます

体重当たりの出力です

一般的には1時間出し続けられる出力(FTP)を体重で割るんですけどね

トッププロだと軽く5w/kgを越えるらしいです

ただ普通の人だと1時間出し続けられる出力(FTP)を計測するのも地獄と思われるので(自分は無理です。やったことないです)

20分間出し続けられる出力を測定して、それから10%引くとかして概算で求めます

パイオニアのパワーメーターを使ってる人はご存じでしょうけど、cyclosphereにいろい機能が追加されてきて

この間から20分パワー/体重が全世界的にどの辺に位置しているかがわかるようになりました

ここ3ヵ月間のデータがupされるようです

IMG_0220.png

偏差値低い!!!

中級ライダーになるには20分、4w/kg出さないとだめなんですねえ

去年の5月の絶好調の時がなんとかぎりぎりそれぐらいでしたわ

モチベーションになりますねこれ

少しずつ上げていこうと思います


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?