記事一覧

緩みまくってました

永く苦しんだ右膝蓋腱炎もおかげさまでようやく治ってきました

で、原因の一旦は前のリではないかと思ったんですよ

サドルを5㎜ほど後ろに引いて高さを5㎜ほど下げました

それと前々からおもっていたんですが、走行中の写真を真横から撮ってもらうとポジションがアップライトすぎるのではないかと
DSCF27690.jpg
なんかかっこ悪いな

有名なシルベストサイクルのブログによるとサドル先端とブラケットまでの距離はサドル高さの96%が平均らしいです

計測してみるとやっぱりハンドルが近すぎるようです

試しにステムを1cm伸ばしてみました

で、少し周囲を走ったところ段差でハンドルが回転して焦りました

締め付けトルクが緩すぎたようです

工具を持ってなかったので帰宅するまで怖かったですわ~

短い距離だとよくわからないので久々の100kmライド

IMG_3192.jpg

やっぱりちょっと首がきついですなあ

ただ膝は大丈夫なようです

しばらくこれでやってみましょう

帰り道

ヘッドの固定がやや緩かったのかガタつきが出始めました

いつものことですがエキスパンダーの拡げ方が弱すぎてずり上がって来てました

しかし拡げすぎてコラムが割れるんじゃないかといつもひやひやしますよね

何かいい方法はないんでしょうか?

更に

部屋にバイクを入れるためにさっと雑巾でタイヤを拭いた時にホイールのハブのがたに気づきました

初期のガタのようですね

玉当たり調整をしました(これはしかし素人には適切なところがわかりにくい!)

絞めすぎたり、緩くてガタがあったまま使い続けるとベアリングや受けがだめになったりするんでしょうか???



プロまたはセミプロの方


がおられましたらアドバイスコメントよろしくお願いします


で、バイクをミノウラのバイクタワーにかけたところ

バイクタワーの固定が緩んでいてバイクごと倒れてきたんですよ

これは流石に焦りましたけど大事にはいたりませんでした

IMG_3194.jpg
セブンカフェのドーナツ。現時点ではミスドが勝ってるように思います

暖かい師走ですがあさってからカンパがくるようです

年内あと何回実走できますかね?




スポンサーサイト

コメント

No title

プレッシャープラグ(エキスパンダー)は引っ張ってずれない程度に固定できていればいいと思います。これの目的はヘッドパーツ(ベアリング)にプリロード(軸方向へ圧力をかける)が掛かればいいので。と言いつつステアが渋くならない範囲でしっかりプリロードをかけましょう。

その後にステムの固定ボルトを締め付ければOK。
よってステムさえ固定していればヘッドパーツに圧力はかかったままなので、軽量化目的でプレッシャープラグを抜いてしまってもいいらしい?という話も聞いたことが(笑)

ちなみに僕は毎回走る前に前ブレーキをかけてサドルに体重をかけて前後にゆすってヘッドパーツがガタつかないか確認してます。

自分のジャイアントはヘッドパーツに問題があったことがあり、ヘッドパーツをしっかり締めると回転に渋りが出て、渋りがないように緩めるとガタが出るという・・・原因はヘッドベアリングの厚みが足りないというものでした。結局リコールでベアリングを無償交換したことが。こんな経験があるのでヘッドパーツのガタ確認は欠かせません(笑)

あと玉当たり調整は、回転がゴリゴリしなくて かつ ガタがない所が理想みたいです。僕の場合は、ガタがあるとマズいと思うので、ほんの少しだけゴリゴリするところを狙ってます。

No title

tanyさん。コメントありがとうございます。プレッシャープラグかなりきつめに締め、そのあとトップキャップも結構がっつり占めます。ステムボルトはどちらかというとややゆるめでしょうか?出発前の前後ゆすりでOK確認。実走行中わずかにガタ出現。ステムボルト緩めてトップキャップをしめてみるとプレッシャープラグがずり上がってくるという始末です。プレッシャープラグの側面の摩擦が弱すぎる感じ?

No title

あ、いえ私の勘違いでなければ、ステム固定ボルトの方をしっかり締めた方が・・・。ハンドルが回転するということはかなり緩いと思われます。

プレッシャープラグやトップキャップはゆるくても大丈夫です。こちらはあくまでヘッドベアリングの軸方向のガタを取る(ベアリングに荷重を掛ける)のが目的で固定の役目はありません。あくまで固定するのはステムボルト側になります。(ステムを固定してしまえばトップキャップを外してしまってもヘッドベアリングへの荷重はステム側で保持されます。)

よって、組み付ける順番はトップキャップが先で最後にステムボルトです。ステムを先に固定するとトップキャップは意味を成しません。

よって緩みやガタが発生する要因はステム側の固定が緩く、必要以上の荷重がトップキャップ&プレッシャープラグに掛かってしまうためと思われます。

No title

しまっていこー!

No title

タニーさん。ありがとうございます。最初のハンドルのゆるみはブラケットが回転する方向でした(汗)。自分の場合ほぼすべての力をトップキャップに加えているのがいけないのかも?あとコラム内部に滑り止めのペースト塗ろうかと・・

No title

タクミさん。プロの登場!アドバイスそれだけ??

で、たちばなの誘いがなかったぞ!!!

No title

ごめん。
膝痛いって言ってたから。。。。

って、じっとしとくんじゃなかったん?
今度は誘うわ。甘く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?