記事一覧

SRへの道、BRM927南阿蘇600k後編

さてと、続きですよ


青の洞門から軽くミスコースしましたが、幸い1㎞ぐらいで気づきました

 

危ない危ない

 

garminの簡易ナビ

{B36BBDF4-A6D4-4431-9CFD-D00EDBF681F9:01}
調子いい時はこんな風にはっきりコースを描くんですが

 

県道とかだと画面が真っ白になります(笑)

 

その上、間違ってないのに『Off course』とかデッカク表示したかと思ったら直後に『Course found』って出たり、頼りになるのかならないのかよくわかりません

 

まあ、距離表示がそこそこあってたらQシートがあるしね

 

それはそうと、この先の100㎞は獲得標高かなりありますよ

{AAD5BA3C-BB94-4CA0-A3D6-610C0E2BF1F3:01}
こんな感じです。ラスボスは大観峰近くの阿蘇外輪山を越える道です

 

暗くなってるよね多分(泣)

 

泣き言っても仕方ないので深耶馬溪をひーこらと越えて玖珠町へと下ります

{06FCFC27-D501-47E7-A463-A9749250D52B:01}
どうせ登り返すなら下りたくないよね正直w

 

道の駅玖珠でトイレに寄ったんですけどあそこが痺れてるし、オシッコするとき痛かった(T_T)


今回、坐骨は全く痛く無かったので、体重があそこにかかってたんですね。


サドル角が悪いのかなぁ?


玖珠から県境の峠を越えて小国に下り、最後の通過チェックのコンビニで久々に最初一緒だった方と遭遇

 

もう一人は先発したとのことで彼も旅立って行きました。

 

おでんとおにぎり食べて少しゆっくりして自分も出発

 

脚もやや軽くなったぞ!!


とばすぜ~!!!

 

ん?さっきからgarminの警告がうるさいぞ?

 

Qシート見ると、『ん?、んん?』

 

げ!最後のPCでてすぐ左折!!!!

 

ここまで5㎞位アップダウンをこなしたよ

 

『が~ん』

 

泣きながらゆっくりもどります

 

ここから大観峰に向かう道は登坂車線、片側一車線、登坂車線の繰り返しです

 

そうしてたらねgarminLow betteryだと

 

もうモバイルバッテリーも無いですのよ_| ̄|○


あっという間に自動で電源Offです

 

哀し~T_T

 

あたりが薄暗くなってくると観光に訪れる車もどんどん登ってきます

{BC3188F6-23E8-4EC6-AD12-8A28F5993012:01}

わずかに明かりがあるうちに何とか登りきりました

 

しばらく休憩して長い長い下りを終えたときに先発していた方と遭遇

 

友達のうちに少し寄っていたとのこと

 

道が不安なのでしばらくご一緒させてもらうが、もう脚がまわらないといわれるので先に行くことにする

 

真っ暗な阿蘇の底をiphoneを頼りに進んで、最後のアスペクタの登りは蛇行して1958ゴールしました

 

やり遂げました


応援していただいた皆様


ランドヌール熊本の代表、副代表ありがとうございました

{02AF7A94-B86F-4382-B411-7515C2C1A625:01}
Defyもドロドロでよくやりました


{49BFD142-1C35-479A-AE8E-9306F94A2CDB:01}
翌々日の背部の筋肉痛が辛かったですね

やっぱり楽しいのは150までかな?

でも、また行ってしまう魔力があるんだよねブルベって(^ ^)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?