記事一覧

SRへの道、BRM927南阿蘇600k前編

前にも書いた通り、AJ広島600kに参加できなかったのでSR獲得のためにBRM927南阿蘇に行ってきました

{A27483C8-B2BB-47C9-BD85-A7FDCD8C5473:01}
前日、金曜日午後車載で出発、数日間雨の心配はないとの予報で安心ですね(嬉)

 

熊本駅近くのビジネスホテルに到着後に食べログで周囲の店をチェック

 

高級馬料理専門店か熊本ラーメンの2択ですな・・・

 

1人で馬料理を黙々と食べるのもなんだかあれだし、ラーメンにしときました

{52223157-9074-4639-957F-63FE2D389D5C:01}
食後に熊本駅の土産物屋でくまもんグッズを物色し早々に就寝です

 

夜の天気予報で宮崎は午前中雨へと予報が変わってましたが到着は夕方ですから(ワハハ)

 

翌朝5時に宿を出発し、じわじわ高度を上げながら、標高500mの南阿蘇アスぺクタに到着です

 

今回はランドヌール熊本主催の600k7スタート、400k8スタートとなんと同時開催

 

募集人数はどちらも200人ずつで合計400人!!!!!!

 

自分は定員いっぱいになったらいけないので募集開始日にエントリーしましたよ(完璧)

 

そして、実際のエントリー人数は

 




何と

 





600k10人!400k17人!!

 


さらにスタートしたのは600k8人!!!、400k10人!!!!

 

手弁当でやってるR熊本の代表、副代表に申し訳ない気持ちでいっぱいです

 

九州(福岡、佐賀、大分、熊本、鹿児島)のランドヌールたちよいったいどうしたんだ???

 

しかもね、600k8人の中に尾道の『ルック』の人や400k10人の中にプログレスのお客さんとかがいるじゃないですか・・・付き添いのOさん、こんなとこで奇遇です

 

何故熊本まで来てるの???(俺もか?)

 

まあとにかく出発ですよ

 

海抜0m近くまでまずは下りですよ、楽ちんですよ

 

しかしいきなり問題発生

 

主催者発表Qシートを印刷し、クリアファイルにいれてハンドルにタイラップで固定しただけだったのでQシートが飛んでいきそうですよ

 

これはまずい

 

どちらか片手でアップバーと一緒に握っておくしかないか

 

まずいなこれは・・・(しかもダンシングするとクリアファイルの角が脚に刺さるしね)

 

数十キロ走ってクリアファイルに強く折り目を付けることでなんとか解決(安堵)

 

{4CB8F63F-B9C6-4BC4-8F5E-ABA826A2133E:01}

今回の頼りはこのQシート、iphoneのルートラボとedge500に入れたコースだけですからね

 

PC1までは楽勝です

 

その先、Qシートに『ここから大通越』とか書いてあるけど名前が大したことないし、楽勝でしょうとか気にもとめてなかったんだけどね

 

これが実はやばい峠でした

 

後で知ったんですけどね、10㎞強で800mありましたよ(泣)

 

最後はループ橋でしたよ

 

バックパックの重みも加わってもうヘロヘロですよ

 

しかも五木の子守唄の里から人吉までは下り基調のはずなのに当日は全面通行止め、う回路はアップダウンという追い打ちつき(涙)

 

edge500は『off course』のアラーム鳴らしまくってるし(結構ちゃんと働いてるじゃんと、この時はまだ思ってましたよ(ふっ)

 

PC2でいったん三人になりましたが出発してすぐに先頭一人旅

 

310㎞地点延岡のホテルに22時に着く予定ですから先を急がねば・・・

 

地味に登り始めたと思ったらまたループ橋ですよ

{E52C370E-C281-4A44-A2F8-C83CFC55DB8E:01}
熊本県、ループ橋好きなんか?え?

 

そしてこれも後で知ったんだけど、湯山温泉からの登りが10㎞で700mあるじゃん(標高950mぐらい)

 

この峠で後続二人に追い越され、その後に両脚が攣って動けなくなりました

 

休んで回復、踏んでまた攣るの繰り返し(わ~さんかは俺はwww)

 

しばらく自転車押して登ります(号泣)

 

しかもこの先、いったん下ったらまた登り返しで最高標高1000m以上の峠が待ってる!!!

 

いやあ、本気で人吉に引き返そうか悩みましたよ

 

向こう側に降りてしまったらもう引き返せないですからね!!!!

 

車もめったに通らない秘境ですよ

 

動けなくなったら死ぬかも?

 

しかし有給休暇、交通費、宿泊費使ってわずか170㎞でDNFとかありえない

 

そんなんじゃ次の挑戦も無いわ

 

え~い、まっすぐ向こうに降りちゃえ

 

・・・続く

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?