記事一覧

とびしま海道行き当たりばったりツーリング

S氏の呼びかけで集まった計8人



強盗団みたいですな(笑)


前日の福岡県のブルベは厳しい寒さだったようですが、この日も最高気温10度に届くかどうかの予報


手袋2枚重ね、スキー用靴下にやや大きめのシューズ、スキー用フェイスマスク、ウィンドブレーカーで行きました


非常に快適でした


この格好で0度ぐらいまでは対応できそうです


K氏、呉市内で鳳梨饅頭(オンライマントウ)を買って帰るミッションを課せられたようです


煉瓦通りで店を探すも、工場横に移転したといわれて断念(どうすんの???)


広-仁方間はトンネルを避けるべく長浜へ迂回




道を知ってるのは自分一人なので牽くしかない(泣)


安芸灘大橋あたりからS氏が膝裏の痛みで遅れ始める


豊浜大橋の登りではバイク歴10か月の初参加F氏にちぎられる(涙)



御手洗地区のすぐ上にある歴史のみえる丘公園




歩きで登る方がむしろきつそう


まだ正午を10分回っただけなのに脇坂屋の穴子重は売り切れという


仕方ないのでゆたか海の駅とびしま館で昼食を摂ることにしました




タチウオラーメンと迷いましたが週替り定食にしました(今週はタチウオフライ)


身が厚くカレー味の餡とマッチしてました


帰りもS氏の速度は乗らず、広でお別れすることになりました(呉からフェリーで帰宅するとのこと)


自分たちはマリノ大橋を渡って音戸を目指します


橋を越えた頃からトレーニングモードに入り、レース部長が向かい風の中を鬼牽き開始


流石に数分後速度が落ちると『代わりましょう』と更に速度をあげるO君


まただよ、最近絶対このパターンだ(泣)


ツキイチでも大変なんだよ付いて行くの


音戸の瀬戸公園に到着。部長の知り合いのサイクリスト数名あり(YSCSかな?)


当初予定の切串からフェリーは時間がかかりそうなので、結局自走で帰ることに決定


ここから呉までは先頭に出て速度抑えることにしました(笑)


呉市内でK氏が饅頭買うためいつの間にか離脱(買って帰らんと家に入れん???)


31号線でO君がかなりのペースで牽くのできついなあと思ってたら、交代した部長の鬼牽きが始まり、あっという間に坂に到着


楽しかったがきつかった


いやきつかったが楽しかった


167km


たまにはポタでもしたいものです




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?