記事一覧

いくら斜度20%超の激坂を攻略したからって食べ過ぎじゃね?

10月27日快晴


放射冷却で朝の気温は12度まで低下したようです


9時過ぎには15度くらいまで上がって、最高気温予想21度ぐらいとのこと


サイクリングするには最高の天気です


前から数人のブログで知ってはいましたが、行く気はさらさらおきなかった激坂を登ってきました


それは岩国市にある欽明路トンネルの真上を通る欽明路峠です


旧山陽道最大の難所であったらしい


若かりし頃、玖珂の山賊に行くのに手前の登坂車線からトンネルは全開でかっ飛ばしてましたね


30年後にまさかその辺りを自転車でウロウロするとは



突然にプチメタライダーのサイクリング日記
出発して2時間。錦帯橋で定点観測、観光客もたくさんです


突然にプチメタライダーのサイクリング日記突然にプチメタライダーのサイクリング日記
錦川の枝流沿い、新岩国駅近くの酒造会社にある杉玉



杉玉(すぎたま)とは、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物。酒林(さかばやし)とも呼ばれる。日本酒造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「搾りを始めました」という意味である。


旧山陽道を川沿いに進む


この小さな川で20数年前、蛍がものすごくたくさん飛んでいてすごくきれいだったな


岩徳線の柱野駅をすぎてしばらくすると、道はやがて車が離合できない細さになると同時に徐々に勾配がきつくなってきました


写真を撮る余裕はなく、最大勾配の部分は確かに20%以上ありました


滑り止めの溝が道と直角に切ってあるコンクリート舗装です


突然にプチメタライダーのサイクリング日記

坂の画像はhttp://happy-go-lucky.blog.ocn.ne.jp/pog/2012/01/post_da44.htmlでどうぞ(笑)


距離が短いので何とか登り切りましたが、倍の長さがあると厳しいかも?


頂上を越えて玖珂側は道幅も広く爽快に下れます


そのままどこに出るのかもわからないまま、登って下ってを繰り返すと


祖生という集落にでました。正午を告げるサイレンが鳴りました


確か以前通った時にこのあたりにラーメン屋があった気が・・・



突然にプチメタライダーのサイクリング日記突然にプチメタライダーのサイクリング日記
ありました。かなりにぎわってます。待つこと15分


カウンターに座って、壁にかかれたメニューをみる


腹具合的にはラーメン単品で十分な感じだが


周りの注文はみなヘビー級、


ここでラーメン単品なんか注文したら


『ラーメン単品とかこいつなんなの?』とか厳しい視線を浴びせられそうな雰囲気

突然にプチメタライダーのサイクリング日記
トリオを注文。普通量のとんこつラーメン、大盛りチャーハン、餃子3個


かなり無理して食べきりました


突然にプチメタライダーのサイクリング日記
みんな大量に消費するため、皿のかたづけ専用ワゴンがあります


おなかパンパンになって登る由宇への峠では全然足がまわりません


大畠に出てから海岸線を帰る予定でしたが、ショートカットして通津へ出ました



相変わらず90km程度で頸が痛くなって、たまらず大竹で休憩



距離132km  Ave24.9km/h 消費カロリー2067Cal



昼食推定1600Cal スポドリ500mlx3で285Cal



かろうじて消費カロリー>摂取カロリーでした








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

puchimeta2

Author:puchimeta2
数年おきに何かにドハマりする親父の記録
今回はロードバイクです
いつまで続くのか?